婚礼の打合せ

婚礼の打合せ。
お客様はいろいろな事を言ってきます。
いつも担当者はお客様の希望をどこまで聞くか。。。といった話で予算との狭間で攻防が。
でも本当は、何故そういう希望を持つようになったか。。。を聞くことが大切なんです。

例えば、この間、真っ青な太い竹をどど~んと立てて欲しいというお客様がいました。
担当者に『今は竹を切る時期じゃないんだよね~~』というと、それをそのままお客様に伝えて代替案が提案しきれない。。。しきれないのは、何故お客様が竹を立てたいと思ったかを聞いていないからわからないのです。

単純な一言の裏にその考えまでに至った理由があります。なんとなく、、、というのもあるかもしれませんが、
物事は表面だけを見て理解したつもりになってはいけない。するとその奥にあるものがいつまでたっても見えません。
自分の都合を押しつけてもいけない。いつまでたっても一方通行になります。
肝に銘じておきましょう。
まずは、お客様の話を深く深く聞くことが解決につながります。希望があるお客様は考えているお客様です。

結局このお客様は、広い会場の外側の卓をぐるっと大枝で飾り、内側は細い竹やトクサなどを使ってストラクチャー(構造、構築、建築)的なデザインにすることになりました。
(ちなみに建築関係の方でした。)
丸より四角、曲線より直線がお好きだそうで。。。

どうなるか、お楽しみ。
[PR]
by hanashigoto | 2009-06-03 19:44
<< 6月が終わった~ パソコンと仲良し? >>