南仏プロバンス紀行

帰ってきました~!!
短い間でしたが、またひとまわり大きくなって??(体重が?)戻ってきました!!
旅行中、フランス人から、フランスでは、法律でバカンスを三週間とるよう定められていて、これを守らない雇用者はペナルティーを支払うと聞き、いい国だなぁ…と思っております。
私は、もちろん、休めば無収入…また貯金しなくっちゃ!!

1990年代、ベストセラーでブームを巻き起こしたピーター・メイル南仏プロバンスの12ヶ月を片手に訪れる人が多いそうですが、私は残念ながら、この本をまだ読んでいません。
プロバンスについての何の知識ももたず、直行便が飛んでいないことも初めて知り、旅立ったのでした。

フランクフルト経由、マルセイユ国際空港へ。午前に成田を出て、同日の夕方マルセイユ着。14時間ぐらいのフライト。マルセイユからバスにて、エクスアンプロバンスに入る。30分ぐらいかなぁ…エクスのバスターミナルに着いて、スーツケースを引きながら、ホテルを探す。もったいないから、タクシーは使いません。
エクスは、プロバンスを旅するのに拠点とするのにおすすめの街。ホテルもきれいだし、比較的安全だし、観光地へのアクセスも良いです。
翌日にたまたまバスも鉄道もないリュベロン地方へ行く現地ミニバスツアーがあることを知り、申し込む。すると、参加人数は私と友人の二人のみ。なんと貸切でした!!

f0066854_5313656.jpg
f0066854_532152.jpg
                                              

                                             




                                              

                                             セナンクの修道院





ヴォークリューズの泉
[PR]
by hanashigoto | 2007-07-18 05:32 | 旅行
<< リュベロン地方の村 ハワイアンウエディング >>