人気ブログランキング |

運河とアンティークの町へ

アヴィニヨンから電車で25分、リル・シュル・ラ・ソルグ(ソルグ川の島という意味)の町へ行きました。ここは、日曜日のアンティーク市で有名で、パリに次ぐ規模とのこと。でも、日曜日は大変交通の便が悪く、たどりついても、帰ってこれるか…というわけで、申し訳なかったのですが、国際結婚した知り合いの旦那に運転手を頼みました。あいにく、知り合いは日本に帰国中…ビジネスマンのフレデリックは、お買い物にはあまり興味はないようでしたが、付き合わせてしまいました。
f0066854_18532412.jpg

運河沿いにたくさんの露店が並びます。
f0066854_18535162.jpg

ヴォークリューズの泉から流れ出す水はとてもきれい。
f0066854_18541067.jpg

花屋の店先にはたくさんのアーティーチョーク!!

17~18世紀に建てられた邸宅も残っていたり、水車の回るきれいな町を歩くだけでも気分が良かった。町には7つのアンテーク村もあって、家具など、大きなものを見るのも楽しい。(持って帰れないし、買えないけどね。)
そして、ここでもまたまた、雅姫さんに遭遇!!同じコースか??両手にはたくさんのリネンを抱えていました。
あれをお店で売るのかしら??ばっちり仕入れ??
by hanashigoto | 2007-07-18 19:08 | 旅行
<< エクス・アン・プロバンス リュベロン地方の村 >>