人気ブログランキング |

花屋の商売

テレビでは暗いニュースばかり流れ市場での花屋さん達の会話も「売れないな~、客来ないな~」とみんな言っている。。。本当なのか?売れてる人は売れてるんだろうけど、大手の友人達もこのお正月商戦の予算はみな売る前から前年比マイナス。
うちは。。。ブライダルメインだから、ピンとこないぐうたら商人(アキンド)だがいちおう店はやっているので頑張って売るつもり。人通りの多い交差点に面した式場の駐車場を借りて出店?をします。
今さら遅いんですが何を売ろうかずっと考えている。
こんな小さな規模のうちでさえ去年と同じような売り方をしていたらマイナスは見えている。
インパクト。劇的な何か。
市場で商材を見てもまだピンとこない。本当に行き当たりばったりだ。
ブライダルの仕入れは嫁入り先が決まっているのでロスはない。でも店売りは売れるかどうかもわからないモノを仕入て仕掛けていかなければ数字は出ない。
仕掛けるにはある程度のリスクは覚悟。ボリュームも必要。
何をどういう風に仕掛けるか。はたしていつも商売していないその時限りの出店でどうしたら買ってくれるのか。
安い量販と同じ売り方をしてもかなわないのは当たり前。でも安くなければ売れない。
量販と同じようなどこにでもあるような当たり前の商材を使って魅力的な商品を作る。
違いはどこか。何を魅せるのか。自分達の強みは何か。デザイン力!!
今年の客はいつもより価格にシビアだろう。
値ごろ感があってセンスの良いもの。
素材をそのまま売るのでなく店のセンスを加えて付加価値をつけて売る。でも敷居は高くないちょっとだけお正月だから買ってみようかな、、、と心のスイッチを押してくれる商品。
または、完全に素材をそのまま手を掛けずに売る。友人が市場からのスリーブのままで束売りしているがそんな市場のような売り方。
どちらにせよ納得して気に入って買って頂く。
そのために必要なことをクリスマス後にすぐ打ち出せるように燃えてます(笑)
もうすぐ降りて来ます。少しだけ見えています。
by hanashigoto | 2008-12-20 21:17
<< 大きいことは良いこと???なん... 真白なクリスマスローズ >>