人気ブログランキング |

2006年 05月 04日 ( 1 )

お気に入り

『原風景』という言葉を聞いたのは、単位が取り易いという理由でとった授業でのことでした。『原風景』とは『原体験』からくるイメージのうちの風景のこと。『原体験』とは記憶の底にいつまでも残り、その人が何らかの形でこだわり続けることになる幼少期の体験のことです。
ものを作る人は、少なからず原体験や原風景が影響してるんじゃないかなと思います。これを読んでるあなたの原風景はどんな景色ですか?私は自然児なので、子供の頃は裸足で畑を駆け回っていました。足裏に感じるふかふかの土の感触は原体験と言えるのかも。今でも裸足が好きですから。風景はすすきの原っぱかな。すすきが立ち枯れた後は、原っぱの奥まで道を作り、草をたおして秘密基地を作って遊びました。山道では、木にからまったつるでターザンごっこ。失敗して下に落ちても痛くないように、まだ水のない田んぼに向かって飛んでました。今では、実家の周りでも原っぱはなくなり緑も少なくなりましたが、お店への通勤途中に、この季節のお気に入りの道があります。
f0066854_2159246.jpg

一方通行の車道でグリーンのトンネルと勝手に呼んでいます。
自然好きな私のもう一つのお気に入りは、古本屋で見つけた日記本です。
f0066854_2261629.jpg

f0066854_2263191.jpg

観察日記のようなもので挿絵もきれいでとても季節を感じます。マーガレット・ショーという人の
『A Countrywoman's Journal』という本です。
by hanashigoto | 2006-05-04 22:21