人気ブログランキング |

<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

庭の様子

特別に凝ってガーデニングをしているわけではありませんが、草むしりをしたり気に入った花を植えたりしています。忙しくて水やりも忘れたり花がらつみも気が向いたら、、、といったお気楽なもんです。
二日ほど庭に出なかったらあっという間に薔薇が咲いていました。
f0066854_19174625.jpg

切り花で使ってかわいかったので苗を買って植えました。「てまり」という薔薇。ふわふわっと。

もうひとつ。
f0066854_1919283.jpg

ゲラニウムの花。紫の花が風にゆれてます。
by hanashigoto | 2009-04-29 19:19 | 花のこと

モッコウバラ

庭の鉢植えのモッコウバラが根づまりしてテラコッタの底から太い根が張り、どうにもこうにもならない状態だったのですが、思い切って鉢をカチ割りました(笑)
でも高さのある大きな鉢だったのでそのまま地植えするにもびくともせず。。。
土を少しかけて様子を見ていました。
そうしたら、急にのびのびした感じがして花が咲いてきました。
f0066854_171148.jpg

モッコウバラは黄色が一般的ですが、私やっぱり白が好きです~~。
きっと来年はもっと咲いてくれると思います。
by hanashigoto | 2009-04-27 17:05 | 花のこと

出張レッスンへ

リクエストがあればどこにでも参りますわたくし。。。友人がアシスタントをしているフードコーディネーターの先生のお宅へ出張レッスンに行ってきました。
まじめにレッスン、、、その前に。。。
やっぱりランチです!
ご近所のイタリアンレストランへ。
食べるのに夢中で写真撮るのを忘れましたが、美味しかったですよ~。
いつも思いますがお料理とお花って旬を感じるという共通点のある仕事です。

今回のレッスンはリクエストによりプリザーブドフラワー。
色を季節に合わせてグリーン系の清々しいもので。
メンバーは某お嬢様学校のお母様達。みなさん素敵なママ達。。。普段の私の職場にはない優雅~~な空気が流れる雰囲気でレッスンです。(笑)
f0066854_16311476.jpg

真剣です。。。
f0066854_16321079.jpg

細かい作業ですがきれい出来ましたね!
f0066854_1632331.jpg

ランチを頂いたレストランのパティシエのSさんもケーキをお持ち頂き初めての参加です。
f0066854_16441070.jpg

モノを作る仕事、デザインする仕事なので話も弾みます。
レッスンは人に教えているようで実は一番自分の勉強になっていたりするんですよね。
でも私、本当は人前で話したりするの大の苦手なんですよ。。。
by hanashigoto | 2009-04-27 16:52 | レッスン

薔薇

薔薇の花も用途によって品種を選びます。
そして色は特に季節によって選びます。
f0066854_18422590.jpg

気温があがってくるとブルー系の薔薇を買いたくなります。
これは「ブルーミルフィーユ」。ほんと花弁が多くてミルフィーユ!
f0066854_18424117.jpg

グリーンがかったピンクは好きです。この手の色はトルコキキョウでも良く使います。
写真は「ドリームライナー」。
f0066854_18453661.jpg

まだ固くて花型がわかりづらいですが、これは「フロリーナ」。
この季節の瑞々しいグリーンにぴったりの色。
f0066854_18471333.jpg

グリーンと言えばこれは「オリーブ」。ここまでくると別の飾り方ができそうです。気になる奴(笑)

でも本当に大好きな薔薇はあの人の記憶とともに心の中にしまっておきます。内緒です。(笑)
by hanashigoto | 2009-04-20 18:51 | 花のこと

芍薬

芍薬が手の届く値段になってきました。
存在感のある芍薬はブライダルにもってこいの花材です。
f0066854_1938187.jpg

さっそく、今週の和装用のブーケ、和風のコーディネートに使います。
写真は「コーラルチャーム」
わりとすぐきれいに咲きますが芍薬は緩めの切り前が好きなので。。。
5月中旬から100本箱になるそうです。
これからたくさん使おうっと。
by hanashigoto | 2009-04-17 19:48 | 花のこと

夢みたい

本日入荷の小森谷さんのアマリリス。
「夢みたい」という名前です。
f0066854_2051823.jpg

クールですねぇ。。。こちらはせりでも人気があります。
人気がでるものと人気のでないものの差って何なんでしょう???
どっちみち私は仕事用以外(店売り用)は自分の好きなものを中心に買ってしまいます。。。
これをスタッフはどんな風に使ってくれるのでしょうか?
ダサく使ったら許さないわよ~~~
by hanashigoto | 2009-04-15 20:17 | 花のこと

ユリの花

ユリの花。
花屋にとっては売れる花、売りやすい花なのかも知れません。
いつもカサブランカは置いてありますが、ピンク系は時期や用途によっていくつかの品種を使い分けます。
個人的な好みではカサブとは正反対な???ヒメサユリ(乙女ゆり)の白が好きです。
ピンク系で良く買うものもあまり大輪ではない品種ばかりです。
そして、今の時期にはクロユリも和室の活け込み用に買います。終わっちゃったバイモも良く買う。。。
どちらかというと地味だったり清楚なユリばかりが好きなのかというと、そういうわけでもなく八重のユリも好き。

今日もせりにたくさんかかった「杜のロマン」
f0066854_1953042.jpg

せりではあまり人気がないみたいですが、私は好きですよ~
by hanashigoto | 2009-04-15 20:01 | 市場

五浦へ(その2)

岡倉天心ゆかりの地、五浦にある茨城県天心記念五浦美術館へ行ってきました。
美術館の近くには五浦美術文化研究所があり天心が設計した六角堂や当時住んでいた場所を見ることができます。
東京美術学校の職を追われ五浦へ来た天心。その天心を慕って集まった弟子達はこの海を見ながら修行僧のように創作活動に励んだと言われています。

天心は若くして結婚しましたが、のちに文部省の上司の妻と不倫関係になりこのスキャンダルも辞職に影響しています。その妻は夫と別れ、天心と半同棲のような関係に。子供はよく訪ねてくる天心をおじちゃまと呼んで慕っていたらしい。。。のちに哲学者になっています。
また、50歳の頃旅先で出逢ったインドの女流詩人と惹かれあい今で言う遠距離恋愛のようで、二人の間で想いを込めたラブレターがやり取りされています。
岩壁の上に立つ小さな六角堂にこもり、海を眺めながらその海の遥かかなたにいる愛する女性を想い手紙をしたためた、、、なんてロマンティックなことでしょう!!そんな人とは知らなかった!!
by hanashigoto | 2009-04-13 11:04 | 旅行

五浦へ。

岡倉天心の「茶の本」と出会ったのは花の仕事を始めたばかりの頃だった。
「茶の本」の中に花について書かれた部分があってある先生に「花に携わっているなら是非読みなさい、、、」と勧められたのがきっかけだった。
当時の私は岡倉天心について芸大を作った人とか日本文化を外国に紹介した人とかいうぐらいの知識しかなく、この本が海外の知識人の間で絶賛されフランス語やドイツ語の翻訳版も版を重ねて読み継がれていることなどもちろん知らなかった。
この本は英文で書かれたもので、その文章は韻を踏んでいて、シェイクスピアのようだったりと文章自体が美しいものらしい。。。(でも私の語学力では無理なので、訳本でガマン)

その天心が住んでいたという五浦(いづら)に行ってきました。

天心は東京美術学校(現芸大)学長を勢力争いやらスキャンダルやらで追われてすぐに日本美術院を設立。そして北茨城の五浦海岸へ移り住んでいます。
五浦の海。
f0066854_21531427.jpg

f0066854_2154292.jpg

天心が設計した六角堂。
f0066854_21534542.jpg

岩の先にちょこっと見える六角形の建物わかります?
天心の話はつづく。。。
by hanashigoto | 2009-04-11 21:55 | 旅行

サクラ、ひらひら。

店の駐車場の隣にある公園の桜は風が吹くとひらひらと舞います。
f0066854_199240.jpg

この季節になると巷には桜関連の商品が並ぶ。。。お茶やスィーツにとどまらず本当にいろいろな商品が出ます。それぐらい日本人は桜が大好きなのだ!!
桜を見て人は立ち止まり、心を動かされる。
散り際が美しい。。。生と死、そして再生を一瞬の短い間に目の当たりに見せてくれる桜は日本人の美意識にぴったりなのだと思う。

先日行ったアントワープで聞いた話だが、フランダースの犬は日本では大人気でみんな共感したけどヨーロッパでは全く評価されなかったらしい。負け犬の物語だって。。。
日本人的な滅びの美学なんだとか。

本日は日本人の美意識について考えてみる日。
それで、ベタですが「日本人の美意識」光文社新書 宮元健次著 を読破。筆者は建築家。

日本人と西欧人は宗教の違いから自然への対し方が違うというのも面白い。
自然には神が宿ると、自然そのものに神を見出した日本人と、自然は神が作ったもの、、、ととらえた西欧人の違いです。

フランダースの犬についても書かれています。
美意識を表す言葉、幽玄、わび、さびから日本独特の概念、かわいい、、、まで、丁寧に解説。

なぜ、日本人はそれに共感するのか??考えてみると花の育種や品種改良などにも共通点が浮かびます。
でも今の市場環境はそれとは違うよなぁ。。。完全にパリ風とかがお洒落~みたいな。。。デコラティブ、ゴージャス、グラマラスが流行りみたいな。。。
昔から日本人は西欧のものを取り入れることに一生懸命だった。。。でも古くからの日本人の美意識は素晴らしいと思う私はやっぱり古い人間なのか?(笑)
by hanashigoto | 2009-04-09 19:48 | 花のこと